Fieldnetとは About Fieldnet

Fieldnetとは

Fieldnetは、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)のフィールドサイエンス研究企画センターを拠点に
活動を進めているプロジェクトです。
日本国内外でフィールドワークを行う研究者に分野や所属をこえて幅広く参加していただき、
フィールドや研究上の情報を提供しあい、互いの知をむすぶネットワークとして機能することをめざしています。

たとえば、こんな経験ありませんか?

  • フィールドワークの
    手法や、フィールドワークに
    基づいた研究の最近の
    動向を知りたい。

  • 対象地域を変えて
    研究をする予定だが、
    初めて関わる地域なので、
    どのような研究者が
    いるのか知りたい。

  • 自分のフィールドワークの
    成果を広く発信し、
    多様な分野の
    フィールドワーカーと
    共有
    したい。

  • 異なる分野の人と
    共同研究がしたい
    が、
    どのような研究者が
    いるのかわからない。

このようなとき
手がかりを得られるような場となれば、
と考えています。

Fieldnetでできること

オンラインでの情報交換

メンバーはサイト上で、フィールドワークに関するイベントや出版、アカデミックポストの公募情報などを発信することができます。
寄せられた情報はサイトに掲載されるほか、メールマガジン等を通じて広く発信されます。

オフラインでもつながりを構築

次世代の研究者が企画する研究集会「フィールドネット・ラウンジ」が毎年度公募されます。あるテーマについて分野をこえた研究者間での情報交換やディスカッションをする場を提供していきます。

特定のテーマで、フィールドワーカーたちの知見や経験を共有

不定期に「特設ページ」が設けられ、フィールドワークに関わる特定のテーマについて、メンバーやその他のフィールドワーカーたちの知見や経験が集められ、公開されます。

フィールドワーカーの自己紹介と
成果発表の場

メンバーはサイト上にプロフィールの概要を掲示できます。自身の活動や関心を紹介し、成果を発信できます。また、自身のフィールドワークによる研究成果の出版情報や、開催したイベントの報告をサイトやメルマガに投稿することができます。

異なる知と知をつなげるネットワーク。
ぜひ、あなたも参加しませんか?
利用者登録はこちらのフォームで受け付けています。

Fieldnetの運営

フィールドネット運営の方針と計画は、AA研外部の研究者を含むフィールドネット運営委員会によって策定、立案されています。

2022年度フィールドネット運営委員

  • 国立科学博物館植物研究部研究主幹 海老原 淳
  • 筑波大学人文社会系准教授 塩谷 哲史
  • 中部学院大学看護リハビリテーション学部教授 竹ノ下 祐二
  • 東京大学大学院総合文化研究科准教授 津田 浩司
  • 神戸大学大学院農学研究科准教授 長野 宇規
  • AA研 太田 信宏
  • AA研 河合 文
  • AA研 後藤 絵美
  • AA研 吉田 ゆか子

お問い合わせ先

東京外国語大学

アジア・アフリカ言語文化研究所
フィールドサイエンス研究企画センター

フィールドネット事務局

〒183-8534
東京都府中市朝日町 3-11-1