メンバーからのお知らせ Announcements from the Members

イベント告知

開催:2022/4/23(土) - 2022/5/8(日)

場所:国立科学博物館 筑波実験植物園

絶滅危惧生物展 —日本の生物多様性の過去、現在、未来—

日本列島は、世界でも有数の生物多様性をほこる地域である一方で、現在では多くの種が絶滅に瀕しているという危機にもあります。絶滅危惧生物展 では、筑波実験植物園のリビングコレクションを始めとした動植物の標本資料の展示によって絶滅の恐れのある日本在来生物の現状を示します。

イベント告知

開催:2022/4/24(日)

場所:オンライン開催(Zoom)

日本マレーシア学会(JAMS) 「学振特別研究員(DC/PD/RPD)申請応援セミナー」

日本マレーシア学会(JAMS)例会の新企画として、学振特別研究員に申請しようと考えている大学院生・若手研究者を応援するためのセミナーを開催します。マレーシアを含む広いマレー世界に関わる諸事象を研究対象とし、学振特別研究員を目指している方であれば、JAMS会員でなくてもご参加いただけます。

イベント告知

終了しました:2021/12/14(火) - 2022/2/27(日) 

場所:国立科学博物館

企画展 発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~

日本列島は、豊富な固有種をはじめとする特徴的な生物相が見られる地域です。一方で、現在では多くの種が絶滅の一歩手前の危機的状況にあり、中には既に絶滅してしまった種も存在します。標本などのコレクションが、日本の生物多様性の変遷と現状の把握、さらには実際の種の保全に対してどのように貢献しているのか、貴重な標本や関連資料の展示の中から「発見」していただくことを目指した企画展です。

イベント告知

終了しました:2022/01/09(水)17:00-18:00

場所:オンライン

巣ごもり読書会「Understanding Muslim Chaplaincy」

Chaplaincyチャプレンシーとは、キリスト教の牧師を指すchaplainから来た語ですが、近年は宗教の種類を問わず、病院、刑務所、軍、学校等において、宗教的なケアやアドバイスをおこなう実践を指す言葉として使われています。今回紹介する書籍では、イギリスにおけるムスリムを対象とした宗教的ケア・アドバイスに関して、実践者の活動の場や人材育成、それぞれの取り組みから見えてくる政治的な状況が記述され、考察されています。

イベント告知

終了しました:2021/12/23(木)10:00-12:00

場所:オンライン

ワークショップ「移民経験と語り」

 文部科学省科学研究費・学術変革領域研究(A)「イスラーム的コネクティビティにみる信頼構築:世界の分断をのりこえる戦略知の創造」の研究班A03「移民・難民とコミュニティ形成」班とB01「イスラーム共同体の理念と国家体系」班は東洋大学アジア文化研究所客員研究員の沼田彩誉子さんをお招きし、ワークショップ「移民経験と語り」を開催いたします」

イベント告知

開催:2022/01/28(金)13:30-16:30

場所:オンライン

テクニカル・ワークショップ「フィールドに行く理由を考える」

このワークショップの目的は、個々人の調査を具体的に振り返りながら、フィールドに行く重要性をあらためて問い直すことにあります。研究者がフィールドに行く理由はひとつではないでしょう。言語調査のためのフィールドワークに限定しても、調査地域や調査対象、調査目的などによって、その内実はさまざまです。

イベント告知