離婚の文化人類学―現代日本における〈親密な〉別れ方

紹介文
2000年代に日本で離婚に関する調査を始めた著者。外見的「差異」のせいか、彼女の周りには離婚の話題が集まってくる。現代日本について、外国でフィールドワークを行うことについて、改めて考えさせられる一冊。(紹介者・後藤絵美)
編著者 アリソン・アレクシー著、濱野健訳
出版社

みすず書房

出版年月
2022/03/25
頁数

361頁

価格
 
4800円+税
出版元URL

https://www.msz.co.jp/book/detail/09084/