フィールドネット・ラウンジ Fieldnet Lounge

2014年3月 8日

終了しました

自助グループのエスノグラフィー:相対化を通じてみる『自助グループ』の輪郭

日本においては1980年代に萌芽した、病気の当事者によって運営される「自助グループ」は、病気に向き合う上での1つの形態としてすでに一般的なものとなった。しかし、自助グループについての疾患別の報告はあるものの、異なった疾患の自助グループを比較する試みはいまだ見られない。

2014年3月 1日

終了しました

アフリカにおける日常世界と武力紛争の記憶に関する学際的研究

アフリカ各地の武力紛争は、誰によって、どのように記憶され、また語られるのだろうか。本ワークショップではルワンダ、シエラレオネ、ソマリア、ナイジェリアにおける紛争を取り上げ、国民国家、コミュニティ、地域住民、ディアスポラ、小説家といった紛争の「語り手」の複数性を考慮しつつ、各地の紛争に関する物語の再編の可能性と課題について議論する。

2014年2月22日

終了しました

調査地との新たな関係を探る:現代モンゴル研究を事例として

国際的な人や物の動きが活発な現代において、研究者は、調査地の人びとと国内外を問わずあらゆる場面でつながりをもつようになっています。本ワークショップでは、東西冷戦体制が崩壊した1990年代以降のモンゴル研究を事例として、グローバル時代における研究者と調査地との新たな関係性について考えます。